iFOREX(アイフォレックス)のロスカット・証拠金維持率と他の海外FX業者を細部にわたり比較

iFOREX(アイフォレックス)のロスカット・証拠金維持率と他の海外FX業者を細部にわたり比較

iFOREX(アイフォレックス)のロスカット・証拠金維持率と他の海外FX業者を細部にわたり比較

海外FXにトライするケースでは、どんな方ありましても「証拠金」でありますとか「ロスカット」といったワードを耳にした経験があるだろうと思います。この先海外FXをスタートしようとしています方は呪文の様に感じていらっしゃる方もおられるかもしれません。何を隠そう、自分もスタートする時はそういった風に考えていました。しかしながら、FXにトライするならばこれらに関しては避けて通れません。ロスカットでありますとか証拠金等ベーシックなことを把握し、FX業者を選ばないと損をするケースがございます。こちらの記事では証拠金やロスカット、海外FX業者と自身がオススメしていますiFOREX(アイフォレックス)の比較をして行こうと思います。基礎知識としましての把握と、業者のチョイスにお役立てください。
こちらの記事で把握できるポイント
証拠金の基礎知識
ロスカットの基礎知識
iFOREX(アイフォレックス)と海外FX業者の証拠金維持率の比較

証拠金・ロスカットとは?

証拠金やロスカットに関してシンプルに説明したいと思います。
証拠金というのはFXを行う為に必要な最低限のお金
そもそも証拠金と言いますのは、何らかを契約する際に担保ということで預けるお金のことをいいます。しかし、FXのケースでは担保とはちょっと相違します。FXはわずかばかりの金額で巨額なお金を動かすといったことができますよね。その取引を行う為のベースのお金を証拠金と言うのです。そういう理由から、FXの口座を開設しましたら証拠金を入金しなければトレードすることはできません。
証拠金維持率・ロスカットとはFXで取引が可能な最低ライン
次は証拠金維持率とロスカットに関してです。証拠金維持率と言いますのは、全体で取引をしている金額に対しましての割合を示したものです。どういう理由でそういったものがありますのかと言いますと、FXは持っているお金よりもでかい金額を扱いますので、現在所持しているポジションが証拠金(口座残高)より大きくなりすぎるのを防止する目的があるからでございます。また、その割合が迫っているのを教えてくれるのをマージンコールと呼んでいます。そのタイミングで入金しましたり、決済したりしましたら良いのですが、業者が決めました証拠金維持率を割ってしまうことになりましたらポジションを強制的に終了させる「ロスカット」がおこります。証拠金維持率もロスカットもFX業者と利用されています方が損しない為にあるということですね。

iFOREX(アイフォレックス)と他海外FX業者の証拠金・ロスカット比較

証拠金とロスカットの関わりにつきましての解説を行いましたが、業者によって相違してくるのが実情なのです。これらが異なるということは、どこまで取引ができるかは業者次第ということ。 FX業者を決めるのにレバレッジでありますとか口座のタイプ、取引通貨の種類などで決める方もいらっしゃるようですが、証拠金維持率も業者を決定します要因となります。この頁では、自らがおすすめしていますiFOREX(アイフォレックス)や、日本人に評価の高い海外FX業者を比べて行きたいと思います。
iFOREX(アイフォレックス)
海外FXにおいてひと際歴史のある業者がiFOREX(アイフォレックス)です。初回入金は100%のボーナスがあります。証拠金維持率は0パーセントで、マージンコールが0.25パーセントという驚くような数値となっています。
Axiory
Axioryは日本語対応で、一時期評判のございました海外FX業者です。入金方法も多く、約定スピードもスピーディーです。FXビギナーにとっかかりやすいファクターいっぱいの反面、必要最低入金額が2万円というのがネックだと言えるかもしれません。この頃顔認証も必要になりまして、いくらかの手間暇が掛かる様になりました。証拠金維持率は20パーセント以下でロスカット。50パーセントでマージンコールです。
FBS
FBSは日本国外でもユーザの多い海外FX業者でございます。最大3000倍という超ハイレバレッジや初回100%入金ボーナスなどなどかなり魅力的でございます。ずいぶん魅力的ではありますが、日本語対応はしているものの翻訳が甘いところがあると思います。それに加えて、日本円で口座開設ができなくて、国内銀行送金も行なえません。ビギナーにとりましてはある程度の困難さがあるかな、ということなのです。証拠金維持率は20パーセント。海外FXの基本水準レベルです。40パーセントの段階でマージンコールがあります。
Tradeview
Tradeviewは取引コストがとても安いのが魅力の海外FX業者と評されております。スプレッドが非常に狭く、恐らく海外FXのなかにおきましてはNo1だと思います。証拠金維持率は100パーセント。国内FXと比較しても高いです。ちなみに、マージンコールも100パーセントなので、実質マージンコールがないと考えていいでしょう。それ以外にもボーナスが存在しませんで、国内銀行送金が不可能なこと、初回の最低入金額は十万円以上といったことを考慮しますと、近い将来海外FXにトライしてみようという初心者の人にはあまりおすすめできません。それとは反対に自分自身で計算ができて、プラスポイントとマイナスポイントに納得した上で取り引きできるならば有効活用が可能になる業者とも言えるでしょう。
GemForex
GemForexは、日本語対応とサポートがあります海外FX業者です。最大1000倍のハイレバレッジで、ボーナスもあります。以前は金融ライセンスを取得しておりませんでしたが、現在では取得している業者です。証拠金維持率は20パーセント(2018年12月10日より)。マージンコールは50パーセントです。しかし、いい所はあるのでございますが通貨ペアが若干少なめかつDD方式を採用していますので、初心者の人はやはり手を出さない方が安心だと思われます。