iFOREX(アイフォレックス)FXを行うなら把握しておきたい重要な経済指標|iFOREX(アイフォレックス)口座開設

iFOREX(アイフォレックス)FXを行うなら把握しておきたい重要な経済指標|iFOREX(アイフォレックス)口座開設

FXを行うなら把握しておきたい重要な経済指標

このページにおきましてはFXのファンダメンタルズファクターで大事な、経済指標などに関しましてお伝えしていこうと思います。

経済指標と申しますのは?

経済指標といいますのは、各国が発表いたします経済に関しましてのデータの事であります。物価であったり金利、景気であったり貿易などの数値をデータにいたしまして、その国の経済状況につきまして把握することが出来る指標であります。カンタンに申せば「その国の経済統計情報」だということですね。経済に関しての状況につきまして世界に開示することになるわけですから、景気につきまして良いか悪いかとかこれから先どうなるかなどにつきましてつかみやすくなります。なのでそのタイミングにおきまして各国の通貨の価値が変動して、FXのチャートも動いて行くのであります。

FXでチェックしておきたい大事な経済指標について

FXでは最低限でも押さえておくようにしたい経済指標がございます。なかでも、世界の経済のメインでありますアメリカ合衆国の経済指標につきましてはFXをやっている大勢の方がチェックしている項目になります。トレードを行う国の通貨の経済指標はもとより、アメリカ合衆国の経済指標につきましてもしっかりと確認するようにしてください。
トレードを行う国でチェックしておきたい経済指標
トレードを行う国の通貨……例をあげると日本-英国の場合では、日本と英国の経済指標につきましてチェックしておくと、チャートが動くタイミングについても把握しやすいです。下の方で記しております経済指標だけじゃなく、その国に於いての特色・特徴に合わせた経済指標につきましてはチェックしてみておくようにしたいものであります。
国内総生産(GDP)
その年、国の中において作られたサービスであったりモノの付加価値の合計が国内総生産でございます。
小売売上高
小売売上高と呼ばれますのは、国内で販売されている商品の売上合計の事でございます。
国際貿易(貿易支出)
国際貿易(貿易支出)につきましては、輸入と輸出の数値を掲示しましたものであります。
消費者物価指数(CPI)
消費者物価指数(CPI)につきましては、対象の商品の価格(物価)が前年・前月比などに比べまして何%変動しているのかについて示しました数値になります。
生産者物価指数(PPI)
生産者物価指数(PPI)につきましては、商品を出荷しました時点においての価格の変動値であります。
失業率
失業率については、少し言い方がよろしくないのございますが、仕事する意思でありましたり能力があるものの職に就いておりませんヒトの割合のことを指します。
アメリカ合衆国の重要な経済指標につきまして
アメリカ合衆国の重要な経済指標につきましてはいっぱいございますが、ここではその中においても格別重要な経済指標につきましてお伝えてしていきたいと思います。
雇用統計
アメリカ合衆国の経済指標でとりわけ注目していただきたい項目につきましては「雇用統計」です。雇用統計と呼ばれているのは、雇用に関しましての情報についてを10項目以上に渡り詳細に数値化しました統計情報であります。その中においてもFXをやっている方々は「非農業部門雇用者数」及び「失業率」に注目しています。
FOMAC政策金利発表
FOMACにおきましてアメリカ合衆国のこれからの金融政策の方針について話し合います。
国内総生産(GDP)
GDPについては前述いたしました。
ISM製造業景状感指数(旧全米購買部協会指数・NAPM)
ISM(供給管理公社)が、全米の凡そ350の製造業者の購買及び共有管理者(役員クラス)に、アンケートをしまして各項目をパーセンテージで示していますのがISM製造業景状感指数であります。
小売売上高
小売売上高につきましてはスーパーなどの小売業の売上高についてまとめました数値であります。
消費者信頼感数(CCI)
消費者信頼感数につきましては、アメリカ合衆国の全米産業審議委員会が発表しています、景気状況であったり雇用・所得について、楽観していますか悲観していますかといったアンケート結果であります。